心の琴線に触れた『和』文化な1日

目安時間:約 6分

 

日本の三味線の約半分以上は、
この会社の職人さんが製造しているんです。

今日は、用事があって会社へ訪問。

 

 

業界一番の老舗が、ITを融合しようと、
「若いモンには敵わないから・・」と言って、

 

 

社長さんは若い世代の職人さんにを
信頼していて凄く柔らかい方でした。

 

 

 

 

 

三味線業界の展望の話で盛り上がり、
その足で、今度は日本橋公会堂へ。

 

 

 

率直に、これからの世代にとっての
「和文化」ってこんな感じが主流に
なるだろうな・・と感じざるを得ません。

 

 

 

 

 

日本の老舗三味線工房のこれからの挑戦と、
今日、観たイベントとのスタイルとが、
何だか自分の中では繋がった様に感じました。

 

 

「昔より業界は衰退した」といっていましたが、
「むしろ展望は明るいですよ。」と伝えました。

 

 

いずれにしても、新世代は、体験や情報を
なんでもシェアするオープンソース世代なので、

 

 

あと5年以内、業界は必然的に変わるざるを得ない
状況になっていると思っています。

 

 

今までの伝統は残しつつも、新世代にオープンに接するか、
それとも、今までのスタイルに固執するのか・・・。

 

 

もしくは、和洋折衷の和楽器業界
「ネオ・ジャパニーズ」とかいう、
新たな文化が始まる可能性もありますね・・。

 

 

 

なかなか、今日はリサーチャーな日でしたが、
さてさて、どうなることやらワクワクです。

 

 

 

 

************************************************

しらすてらす代表 小川 真実

 

1973年6月9日生まれ、BMX(バイシクルモトクロス)で
80年代、レースで関東6位入賞 フリースタイル全日本準決勝進出
2000年、ひたちなか市長杯レース3位入賞

 

約30年間、波乗りで4度「死に目」にあいながら海生活を中心にする。

サーフィンを続ける為に、海の近くの路線バス運転士を10年、
その後、何故か車内広告に興味を持ち退社。

勉強時間を得る為、水処理会社へ転職。

 

水処理施設で3年間、休日と夜勤の時間を使い、
マーケティングとライティングを独学しその後起業。

独立を機に呆れられて離婚。自宅を売却。

 

30年続けた趣味を辞め、借り入れなどすべて精算し、
ゼロベースから再出発を決意。
その後、師匠と出会い経営術、お金の使い方を学び、
それまで嫌いだった『経営者』に対する概念が変わる。

 

その後『帝王學』の概念や『日本の歴史』『戦争』に
関する重鎮などに出会い、日本人の精神性、文化、芸能を再認識。

 

同時に、和楽器業界の危機的状況を知り、
『一社日本和楽器普及協会』に加盟。

 

従来の欧米式のマーケティング手法に加え、
ビジネスの仕組みがほぼ、無い和楽器の業界へ
『和の精神』の要素も取り入れつつ、次世代へ繋ぐ為に、

 

日々、津軽三味線に・・いや、仕事に奮闘中。

PCと津軽三味線を持ち歩く『和のセールスコピーライター』

 

座右の銘は、二宮尊徳の
《道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である。》

 

 

 

《業務内容》
・LP 制作・集客導線のご提案・メルマガ代行
・各種業務提携(JV)・和楽器展示会開催
・演奏イベント企画開催・和楽器教室のご案内

 

《業務実績》
・アフィリエイト記事執筆 (実績月商約400万円~)
・自己啓発系ビジネス講座メルマガライティング
・ビジネス英語講座メルマガ執筆
・ビジネス講座用 ASP向け見本記事執筆
・情報商材LPライティングで期間中約100名集客
・通販事業用ツール販売企業LPライティング集客
・ヒーラー、演奏家等、個人事業主向け集客アドバイザー
・事業専属販促アドバイザー (和楽器販売業等)
・飲食、整体、美容、医療関係、などHPの記事製作、他。

 

 

《その他》
・ベル美容外科クリニック医療提携
・一般社団法人日本和楽器普及協会 広報

 

****************************************************************************

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ