日本が新鮮! LOVE JAPAN channel

目安時間:約 4分

 

《LOVE JAPAN channel》

 

『日本伝統文化を伝える為に
動画を撮り続けている人が来るよ』と
告げられたのがはじまり・・・・

 

 

経費に悩むより手弁当

 

私も丁度、津軽三味線を通して
和楽器業界の現実を知り、
更にコロナ禍で演奏家の方やイベント
運営側の厳しい状況を知ったばかりなのですが、

 

 

 

詳しく聞けば、手弁当で全国各地の
日本伝統文化に関係する方達にお会いしているとか。
旅行ならまだしも、撮影や取材となると、
企画やら運搬やらなかなか大変な工程になります。

 

 

 

今、時代がひっくりかえる!?

 

製作者の日本文化継承の為の熱い想いと、
手弁当でも取材OKが出れば全国各地へ向かう行動力、

 

 

日本の文化を記録し、伝統を絶やさない為に

精力的に海外にも発信し続けているのですが、

 

 

伝統的な業界は一般企業や異業種の方が突然、
参入できるほどの接点も少なく、
情報量もとても少ないのが現状です・・・。

 

 

 

 

その上で、この新型感染症の影響も大きく、
高齢化時代も重なり、現役演奏家、
和楽器職人の引退も相次いでいるそうです。

 

 

一方で洋楽器に慣れた、若い学生の層は、アニメや
動画などの影響を受け、和楽器を『新しい楽器』として
歓迎し、世代が入れ替わり、密かに活性しつつあります。

 

 

世界からも日本が注目を浴びる今、新時代に合った
『日本伝統文化継承』の活動と受け皿を準備する
大事なタイミングなのではないでしょうか・・。

 

 

外国人の方が日本人より、歴史や文化に詳しい・・・。

私も含めて、とても恥ずかしい事ですよね。

 

 

 

 

LOVE JAPAN channel

 

 

例えば、あなたの田舎にも、
地元の人しか知らない様な消えてほしくない、
『文化』『音楽』『踊り』はありませんか?

 

 

もし、答えがYESなら『日本伝統文化継承』を
第一に行動、活躍されているので
コンタクトをとってみると良いと思います。

 

 

 

 

この動画の様に逆輸入視点で日本を観てみると
新たな発見もあって、自分の国なのに新鮮です。

 

 

 

 

 

P.S.

 

この簡易三味線も、ハードルが高いと言われる
日本伝統文化に興味を持ってもらう為に
開発された創作和楽器だそうです・・・。

 

他には三味線の職人さんの
作業風景も日常生活ではレアだと思いますので
ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

LOVE JAPAN channel

 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ページの先頭へ