日本式マーケティングは『孟子』にならってちょ!!

目安時間:約 6分

 

独立起業を考える時、色んな理由があると思います。
会社組織に馴染めずに独立した人もいるかもしれませんが、

中国の孟子の言葉に「地利不如人和」という言葉あります。

 

天の時は地の利に如かず 地の利は人の和に如かず

 

孟子(もうし)は中国の思想家ですが儒学者でもありました。
この思想は日本の戦国時代にも影響を与え、
『吉田松陰』も影響を受けていたようです。また、

 

ビジネス業界にファンが多い名武将『織田信長』は、
『天』と『地』を手に入れる事に長けていましたが、
最後は『人』を手にする事が出来ませんでした。

 

その一方で『徳川家康』は、
じっくりとタイミングを待ち『天地人』を手に入れ、
江戸幕府が265年も栄えたのは有名な話ですよね。

 

 

 

日本人的マーケティング戦略

 

この『天地人』の考えをビジネスに当てはめてみました。

 

 

さいごに・・

 

前回は『地の時代』から『風の時代』へ変化し、
世の中の雰囲気がガラッと変わったとお伝えしましたが、

 

戦後、昭和の時代は同業他社のライバルがひしめく、
『ビジネス戦国時代』といっても良かったと思います。

 

これからは『情報戦国時代』になりそうですが、
いずれにしても、孟子の『天地人』の考えは、

ビジネスのマーケティングやプライベートにも活用できる
『根本的な概念』なので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

追伸;

 

今回の『概念』の説明は『物事に対する考え方』であり、

『宗教的』な話では御座いません。ご了承下さいませ。

 

また「しらすてらす」は『日本人式 × 欧米式』の

ハイブリッドマーケティングを基に活動しています。

 

 

 

 

(前回の投稿はこちらから↓)

 

道徳なき経済は犯罪であり 経済なき道徳は寝言である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

************************************************

しらすてらす代表 小川 真実

 

1973年6月9日生まれ、BMX(バイシクルモトクロス)で
80年代、レースで関東6位入賞 フリースタイル全日本準決勝進出
2000年、ひたちなか市長杯レース3位入賞

 

約30年間、波乗りで4度「死に目」にあいながら海生活を中心にする。

サーフィンを続ける為に、海の近くの路線バス運転士を10年、
その後、何故か車内広告に興味を持ち退社。

勉強時間を得る為、水処理会社へ転職。

 

水処理施設で3年間、休日と夜勤の時間を使い、
マーケティングとライティングを独学しその後起業。

独立を機に呆れられて離婚。自宅を売却。

 

30年続けた趣味を辞め、借り入れなどすべて精算し、
ゼロベースから再出発を決意。
その後、師匠と出会い経営術、お金の使い方を学び、
それまで嫌いだった『経営者』に対する概念が変わる。

 

その後『帝王學』の概念や『日本の歴史』『戦争』に
関する重鎮などに出会い、日本人の精神性、文化、芸能を再認識。

 

同時に、和楽器業界の危機的状況を知り、
『一社日本和楽器普及協会』に加盟。

 

従来の欧米式のマーケティング手法に加え、
ビジネスの仕組みがほぼ、無い和楽器の業界へ
『和の精神』の要素も取り入れつつ、次世代へ繋ぐ為に、

 

日々、津軽三味線に・・いや、仕事に奮闘中。

PCと津軽三味線を持ち歩く『和のセールスコピーライター』

 

座右の銘は、二宮尊徳の
《道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である。》

 

 

 

《業務内容》
・LP 制作・集客導線のご提案・メルマガ代行
・各種業務提携(JV)・和楽器展示会開催
・演奏イベント企画開催・和楽器教室のご案内

 

《業務実績》
・OPT INアフィリエイト記事執筆 (実績月商約400万円~)
・プロダクトローンチ各種サポート
・外資系自己啓発系ビジネス講座メルマガ制作
・ビジネス英語講座メルマガ制作(ステップメール)
・ビジネス講座用 ASP向け見本記事執筆(OPTIN)
・情報商材LPライティング講座期間中約100名集客
・通販事業用ツール販売企業LPライティング集客
・ヒーラー、演奏家等、個人事業主向け集客アドバイザー
・事業専属販促アドバイザー (和楽器販売業等)
・飲食、整体、美容、医療関係、などHPの記事製作、他。

 

 

《その他》
・ベル美容外科クリニック医療提携
・一般社団法人日本和楽器普及協会 広報

 

****************************************************************************

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ