伝統文化の継承に今、何が必要か?!

目安時間:約 6分

 

 
私が携わっている日本和楽器普及協会に
イベントやコミュニティの管理と運営に対し、
 
「クラウドシステム」という、
新たな風を採り入れるべく会議の為、
理事が待つ篠笛の工房『和康』さんへ。
 

 
 
きっかけは、日本伝統文化の継承活動にも
尽力している知り合いの社長さんが丁度、
 
 
滋賀から東京に来ているとのことで、急遽、
合流していただく段取りになったのです。
(休日に有難うございます・・)
 
 
 
振り返れば、パンデミックが起こり、
和楽器業界もご多分に漏れず、大打撃を受けて、
イベント、演奏会が相次いで延期、中止となって来ました。

 
 
準備、中止、準備、中止・・・約2年。
 
 
 
今までアナログな人海戦術の方法で集客、宣伝、
開催をしていたので精神的な打撃も相当なのです。
 
 
 
これからの時代はどんどん、
オンライン化が進み国内、国外問わず、
同じ様な環境になるだろう、と思っています。
 
 
 

そもそも、それが和の精神・・

 
 
そんななか、異業種、同業問わず、
取捨選択をしながら『協業』をすることで
お互いの強みを活かし、新たな発見や再認識、
 
 
 
事業の継続、拡大など『共存共栄』
重要なポイントじゃないかと常々感じているのですが、
 
 
 
実は、異業種業界にも、日本の伝統文化が
消えつつある事に危機感を感じ、維持の為に事業化したり、
趣味で活動を模索している経営者や事業者はたくさんいます。

 
 
特に経営者の方には「孫氏の兵法」や「三国志」など、
戦国時代の戦術は会社経営の参考になったりするので
歴史好きな方も多く、日本好きも多いんです。
 
 
 
今回、出逢った社長さんもその1人。
地方の文化の継承や協力をしていたのですが、
和楽器業界には接点がほぼ、無い状態だったのです。
 
 
 
実は、他にも同じ様な社長さんは知り合いでいたりします。
いずれにしても共通点は「協力したくても接点がない」
 
 
 
なので私は、そんな志のある方と多く出逢いたいのと、
和楽器の普及、伝統文化の現状を伝える為にも、微力ながら、
「異業種交流会」や「異業種コミュニティ」にも参加しています。
 
 
もちろん、自分の生活もあるので
自分の「仕事の案件」を取る意味もあります。
 
 
 
 

早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいならみんなで行け

 
 
 
私の職業柄のせいなのか・・・
 
 
 
「なにか、良い話はないですかね?」
「ぜひ、なにか、やってよ」
「こんな活動をしているんですけど何かよろしく」
 
 
 
度々、言われる事もあるのですが、もし、
自分のリストにお客さんがいないと感じるなら、
どんどん他の地(マーケット)へ冒険してはどうでしょうか。
 
 
 
 
地方でも海外に行くでも良いと思いますし、
音楽なら洋楽や民族音楽など、
他のジャンルとコラボ企画しても良いと思います。
 
 
 
技術屋なら、展示会やエキスポなどイベントへ
出店してみてライバルはどんな風に売っているのか?
価格が安いのか、高いのか?来場者の反応は?
 
 
 
どんな人を顧客ターゲットにしているのか?
会場に来ている人はオタク風なのか、家族連れなのか?
次に繋げるにはどうしたら良いのか?
 
 
 
オンラインでもっと売る方法は無いのか?
誰とタッグを組めば、お互いに繁栄ができそうか?
 
 
 
もし出店料が高くても、そのデータをヒントに
商品が売れれば、元は取り返せるんじゃないかと思います。
 
 
 
私はプロの演奏家でもないですが津軽三味線が好きです。
そのうえで、業界全体が潤い、
一般人でも「普通に和楽器が楽しめる環境」
 
 
 
「普通に和楽器の音が耳に入ってくる環境」が日本の
伝統継承に繋がると、常にそんなことを考えています。
 
 
 
その為には何が必要で、どう動けば良いか?
そんな事もあり、今回、
私が理事に今回の社長さんを紹介したのですが、
 
 
 
私自身、その社長さんから色んな意見交換を経て、
新たな発見があった次第です・・・。
 
 
 
早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいならみんなで行け。(アフリカの諺)
 
 
 
 
 
 
P.S.
 
 
 
 
この 龍笛 は江戸時代 と明治時代に製作されて
未だに現役でメンテナンスで入庫中なのだとか。
ここまで来ると、タイムマシン級ですよね・・・。
 
 
 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ