津軽三味線 ×民謡Liveのウラ事情を暴露

目安時間:約 5分

 

【運営からの裏話】
当日、PAではまさかの事態が発生!
 

 
 
当日、音源が再生、フリーズ、
再起動の繰り返しで立ち上がらず、
開演5分前なのにまだ音が出ない。
 
 
アナログ的な機械でも良いので
変更してほしいと言ったら、
代替えの機器も無い、と・・・。
 
 
緊急で手配した別の機材と
別のPAスタッフが来てくれ、
ギリで間に合うも、やはり
機材との相性が悪い・・。
 
 
運任せで機材を立ち上げて、
振動を与えなければ、
何とか読み込むけど、
下手に揺らせないので、
ミキサー操作も超シビアw
 
 
とりあえず時間なので
そのまま、見切り開演・・。
 
 
 
 
音源一触即発状態であとは運頼み。
さらに、緊急出動したPAさんは当然、
進行は何も知らずにスタート!
 
 
そりゃそうだ・・。
 
 
5分前に初めて
ココ来たんだから知る訳がなく、
もう、笑うしか無い・・
 
 
仕方ないので、PAブースに篭り、
外とのやりとりは
アイコンタクトでやるしかない。
 
 
PAさんにはその場で、
進行と照明、音源の指示出し。
 
 
「はい、今から暗転です!」
 
 
「そのあと、トラック3、
一曲でフェード、照明落として・・」
 
 
「そのあと、マイクMC・・」
 
 
「すぐオケ変えて、そのあと○×○×・・」
 
 
「押してるので、ココ入れ変えです・・」
 
 
普段、マーケティング的な
仕組み作りまでは仕事にも含まれますが、
「音出し」の仕組み作りまでは・・??
 
 
 
 
 
 
一応、肩書きはセールスライターですww
 
 
ビジネス講座やセミナー運営のボラスタの
スキルがこんな所で活かされました。
 
 
あぁ感謝です・・・。
 
 
それでも、やはり、振動は起き、
一度、途中で音源がストップ・・・。
 
 
そんなとき、百戦錬磨のプロの演者さん達は、
その場で進行を変更してくれたり、
 
 
演者どうしで指示を出し合って、
アドリブでみんな対応していました。
 
 
開演5分前まで、音響関係が
まさにお手上げ状態で、
個人的にはニアミス案件でしたが、
 
 
ミラクルがミラクルを呼んで、
何とか無事?終了できました。
 
 
当日変更が相次いだので、
事前にお客様へタイムテーブルを
配らないでおいて良かった・・と思った次第ですw
 
 
いずれにしても、
進行資料を余分に持ってきていた事、
会場の機器がMacじゃなかった事、
(自前のMacなら完全アウトでした)
 
 
そして、なにより、
演者の臨機応変な対応が素晴らしかった事。
ミラクルはこれに尽きると思いました。
 
 
いずれにしても、満員御礼にて、
ご来場頂いた皆様、かなり蒸し暑いなか、
お越し頂き有難うございました。
 
 
また緊急事態??宣言とのことで、
今となっては貴重な七夕の1日でした!
 
 
 
 
 
追伸;
 
 
そして!明日は間髪入れず、
 
 
 
という事で、
初のオンライン形式の大会との事で、
うまく三味線の生音が活かされるのか?
 
 
トーナメント方式は成り立つのか?
はてさて、どうなることやら・・・?
 
 
ライターとしてのPC スキルを買われ(?)
『和のセールコピーライター』は、
配信設備機器とコンデンサーマイクテスト中です・・・。
 
 
ライトは当てても、ライティングはしません。
そして今回、自分は演奏もしませんw
 
 
それでも、どんなもんか
興味ある方は、ぜひご覧くださいませ。
 
 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ