《津軽三味線》津軽甚句 (どだればぢ)

目安時間:約 2分

 

1年ちょっと前、最初に稽古したのが『津軽甚句』。

最近弾かないとやっぱり、忘れてしまうので復習。

また新たな氣付きもあったり噛めば噛むほど、
アジが出てくるのも三味線のおもしろいところで稽古事です。

(まだまだツボが甘い・・・w)

 

 

津軽弁で「どこのだれ」という意味の
「どだればぢ」とも言われる津軽甚句は、
もともと、盆踊りの唄曲なので、
手拍子や合いの手がよく合う曲です。

歌詞も諸説あり若干、違ったりすることも。
そこは、作者不明の郷土民謡、他の土地から
口伝で言い伝えられて今に継がれています。

 

そんな風潮は
「どだればぢ」の歌詞にも表れてる?!

 

津軽民謡なんか普段は聴くこともないから、
最初は、全く曲のイメージが湧かず困ったっけ。

 

 

 

(津軽甚句)

 

※歌詞や演奏法も諸説あったりします。

 

 

 

ホーイホイっと。。

 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

ページの先頭へ