《津軽三味線》老いを防ぐ運動は日本伝統を救う?!

目安時間:約 5分

 

基本、身体を動かすのが好き。
というか、老いクソ食らえの精神。

しかし・・・・


冒頭の続きは最後に・・・


今、日本の伝統文化、特に和楽器業界
関連について、アレコレ思考錯誤しているんだけど、

ピラミッド型の集約ビジネスモデルは拡散、発展しずらい。
​いろいろ、思考を巡らせるのでアタマが疲れるのだ。
更に身体をあまり動かさないのでタチが悪い。

 

 



津軽三味線は和楽器の中でも、カロリーを
消費するかもしれないけど、たかが知れてるしね。

そんな日常が、もうパンデミック前から続いてる。


いずれにしても純粋に「セールスライター」として
起業した時よりも、アーティスティックな
業界なのに、なんかクリエイティヴじゃない感。

「なんなんだ?このモヤモヤ」


「そうだ!運動不足だ!脳に酸素が足らん!」


で、まずはジムへ行ったんだよね。
ただ、半年間だけ、と最初から決めていた。

なぜなら、ジムだけに運動が事務的だから。
しかも、絶賛パンデミックキャンペーン中で
マスク着用。もはや拷問にしか思えない。

 

 

 

ただ、基礎体力は取り戻したいと思ってので
​ここはヒマラヤ、低酸素運動だと思って半年間、
基礎体力回復の為に行っときました。

 

 

 

クリエイターほど運動が効果的?!


諸説あるけど、運動をすることで脳に
多くの血液や酸素、栄養素を運ぶことができるから
クリエイターに運動は効果的だと言われている。

ある研究では、活動的な動物と、そうで無い動物では
細胞を作り出す能力にも違いが出ているそうだ。

運動をしないと『老化』が進むらしい。

つまり健康なのに『歳だから・・』と運動を避けるのは、
自ら、老化へ進んでいるということ。

とはいえ、20代と同じことを続けろ、という
ことではなく、動くことが必要ということだ。

 

 

アイディアが思いつくときは大抵、家の外。

 

困ったことに、散歩の途中とか、移動中とか、
忙しく、外出の時に大体、思いつく。

景色、人の様子、街の様子、広告・・

そんなところから、出てくるんだよね。
インスピレーションが。

 

 

 

インターネットの情報からも確かにあるけど、
​改めて冷静に考えると、ネットの情報で、
調べ物とかは別として、アイディア出しの段階では、
「あ、コレだ!」ということは、めっちゃ少ない気がする。

むしろ、筋トレ中とか、誰かとお茶してる時とか、
散歩の時の方が多いんじゃなかろうかね。


伝統業界ってクリエイティヴの様でクリエイティヴじゃない。
いや、クリエイティヴなんだけど範囲が狭すぎる気がする。

 

いわゆる『自分界隈』。

 

仕組みを考えるともしかしたら、クリエイティブである
必要もないのかな、とも思ってしまう。


いやいや、伝統表現をするならクリエイティヴ。
運動と外部交流は必要でしょ。そもそも、人間も動物だし。


伝統業界対抗オリンピックなんてのも
面白いかもしれない。(出場者数は?)

 

 

 




と、思ってしまった次第です・・・。




P.S.

運動してから三味線も調子が良くなった。
(筋力は戻ったけど、体重が減りにくいのは悩み)

楽器の演奏も運動神経が関係するらしいです。
調子が悪いときは大抵、オーバーワーク。

で、ジムで半年準備期間を設け、
夏から約30年振りにBMXも復活したんだけど・・・
感覚は当時のまま、バランス感覚が鈍い。

 

 



体幹が衰えてる。
当分、リハビリが必要な様だ・・。

ということで「老いめクソ喰らえ!」の
ハズがクソ喰らったよ・・・。


日常が現実。過去の栄光は妄想だ。

 

 

今日も、良い1日を!

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

ページの先頭へ