《津軽三味線》マトリックスと三味線

目安時間:約 9分

 

『う〜ん・・』

 

正直、天然素材のカタマリの三味線に、
人工素材を組み合わせる事に違和感を感じるんですが、

同じ事を考えている人も
多いんじゃないかと思うのです・・・。

 

 

 

しかし、今回は意を決して異素材を採用しました・・。

 

 

キラキラスケスケにした理由

・従来の素材の確保に限界が見えて来ている。

 

三味線本体の「紅木」はワシントン条約で既に、
取引が制限されていて入手が困難になっています。
今あるのは、既に流通している中古か、
業者が過去に仕入れている在庫しかありません。

市場はプレミア価格になりつつあり、
本来の意味からも『う〜ん・・』と思ってしまうのです。

 

・皮の素材の確保に限界が見えて来ている。(同じかw)

 

従来の三味線の皮は動物の皮を使います。
津軽三味線は奏法の関係で「イヌ」。
繊細な音質の細棹の三味線は「ネコ」。

個人的には音が良いというのは「後付け」の様な氣が
しているんです。(確かに良いんだけど)

真の理由は「それが伝統だから・・」じゃないかなぁ。

しかもご存知の通り今は「動物愛護」の活動も進んで
世界的に賞賛されている日本人として、世界的に観ても

『う〜ん・・』と思ってしまうのです。

 

 

確かにイイんだけど・・・

他にも、糸巻きは「象牙が最上」とされていたり、
撥も同じく「象牙」や「鼈甲」が良いと言われています。
(何度も言いますが確かにいい)

 

 

ただ、これらも既にワシントン条約で既に、
取引が制限されていて入手が困難になりつつあり、
三味線本体と同じ道を辿っているのが現状です。

 

 

ワシントン条約(CITES:絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)は,野生動植物の国際取引の規制を輸出国と輸入国とが協力して実施することにより,
絶滅のおそれのある野生動植物の保護をはかることを目的とする。
(引用元;外務省)

 

 

では、なぜ、そのままなのか・・?

 

科学的根拠が無く、口伝で伝えられ、敢えて変える必要も
無かったんだと思います。ある意味、完成されているので。

 

でも、その「完成されたとしてきたカタチ」が現実
今になって『未完全な物』として露呈してきたワケです。

 

 

そこに氣が付いた人や職人さんは、現代の異素材を
積極的に取り入れ研究してボチボチ市場に出てきました。

 

 

それが、繊維質を使った人工皮だったり、
花梨材や紅木や紫檀材と組み合わせたハイブリッドタイプの
三味線だったり、アクリル素材の撥や糸巻きだったり・・。

 

 

意外と業界は時代に合わせて柔軟に対応している
印象なのですが、ユーザーの意識がまだ時代に
追いついていない印象です。

 

 

個人的には、素材が変わっても職人さんの技術力は
同じなのであとは、従来のルールや意識をユーザーが
変えない限り、これからの時代に向けての発展は
ちょっと厳しいかも、と思っちゃいます。

 

 

だって、プレミア価格の中古三味線や道具を
伸び盛りの若い学生が買うとは思えないし維持も難しい・・・。

 

 

それで、粗悪品に手を出した挙句、
誤解を受けて離れたんじゃ本末転倒です。

 

 

従来の伝統は、伝統として、現代は現代として、
認めるタイミングかと思うのです・・。

 

 

で、そんな事を言っている自分も、
マインドチェンジの一歩として、
アクリルの糸巻きをオーダーしてみた次第です。

 

 

「大人のスケスケも・・・好きでしょ?」

 

 

 

 

(クリスタルカット/ブラック)

 

 

 

 

「You are the prisoner of your maind・・」

「君は君の心に囚われた囚人である・・」映画「マトリックス」より

 

 

 

今回『アクリル糸巻き』をオーダーしたのはココ。

《和楽器メディア》

 

 

 

 

 

************************************************

しらすてらす代表 小川 真実

 

1973年6月9日生まれ、BMX(バイシクルモトクロス)で
80年代、レースで関東6位入賞 フリースタイル全日本準決勝進出
2000年、ひたちなか市長杯レース3位入賞

 

約30年間、波乗りで4度「死に目」にあいながら海生活を中心にする。

サーフィンを続ける為に、海の近くの路線バス運転士を10年、
その後、何故か車内広告に興味を持ち退社。

勉強時間を得る為、水処理会社へ転職。

 

水処理施設で3年間、休日と夜勤の時間を使い、
マーケティングとライティングを独学しその後起業。

独立を機に呆れられて離婚。自宅を売却。

 

30年続けた趣味を辞め、借り入れなどすべて精算し、
ゼロベースから再出発を決意。
その後、師匠と出会い経営術、お金の使い方を学び、
それまで嫌いだった『経営者』に対する概念が変わる。

 

その後『帝王學』の概念や『日本の歴史』『戦争』に
関する重鎮などに出会い、日本人の精神性、文化、芸能を再認識。

 

同時に、和楽器業界の危機的状況を知り、
『一社日本和楽器普及協会』に加盟。

 

従来の欧米式のマーケティング手法に加え、
ビジネスの仕組みがほぼ、無い和楽器の業界へ
『和の精神』の要素も取り入れつつ、次世代へ繋ぐ為に、

 

日々、津軽三味線に・・いや、仕事に奮闘中。

PCと津軽三味線を持ち歩く『和のセールスコピーライター』

 

座右の銘は、二宮尊徳の
《道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である。》

 

 

 

《業務内容》
・LP 制作・集客導線のご提案・メルマガ代行
・各種業務提携(JV)・和楽器展示会開催
・演奏イベント企画開催・和楽器教室のご案内

 

《業務実績》
・OPT INアフィリエイト記事執筆 (実績月商約400万円~)
・プロダクトローンチ各種サポート
・外資系自己啓発系ビジネス講座メルマガ制作
・ビジネス英語講座メルマガ制作(ステップメール)
・ビジネス講座用 ASP向け見本記事執筆(OPTIN)
・情報商材LPライティング講座期間中約100名集客
・通販事業用ツール販売企業LPライティング集客
・ヒーラー、演奏家等、個人事業主向け集客アドバイザー
・事業専属販促アドバイザー (和楽器販売業等)
・飲食、整体、美容、医療関係、などHPの記事製作、他。

 

 

《その他》
・ベル美容外科クリニック医療提携
・一般社団法人日本和楽器普及協会 広報

 

****************************************************************************

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

ページの先頭へ