《マーケティング》SNSで疲れちゃった人へ。

目安時間:約 5分

 

「SNSに投稿してもイイねがつかない」

 

「チラシを作っても申し込みがない」

 

「何をやってるんだろう・・」

 

あなたは、この様に感じていませんか?
今回はちょっとしたヒントをお伝えします・・・。

 

お客様はワガママ

 

もし、あなたが、身銭をきって(良くありませんが)
スペシャルセールを開催しても、雨が降っていたり、

 

お客様が寝不足だったり、気分が乗らなかったり、

デートの約束があれば、買いに来てはくれません。

 

 

SNSに投稿しても、その時の状況次第で、
イイねをしてくれたり、スルーしたりも平気でします。

 

 

 

この様にお客様は基本「ワガママ」なのです。
いつでも、イイねが付いたり、チラシを作れば
反応があると思うのは集客疲れの原因になります。

 

 

条件によって変わりますが、個人事業レベルでの
チラシなど広告の反応率は約0.1%~0.3%程度。
1.0%に到達すればアタリだと言われています。

 

 

 

反応がない理由を探る

 

 

ワガママなのだから、「反応がない」が無くても
落ち込む事はなく、むしろ当たり前の事なのですが、
これではビジネスにはなりませんよね。

 

何か「来てくれない原因」が潜んでいるかもしれません。

では、来てくれない(反応がない)理由はなんでしょうか?

 

考えられるのは・・・

 

 

・ニーズ(市場)がない。

当然なのですが、見込み客が悩んでいない事、
問題として取り上げていない事は反応がありません。
例えば、SNSのフォロワーに経営者、社長さんが
多い中「独立起業セミナー」の告知をしても
誰も行きたいとは思わないはずです。

 

・メッセージが伝わっていない。

場所、価格、日時などの他に、なぜ、これを伝えているのか?
あなたの商品やサービスに対する想いや、お客様が得られる、
メリットやお得な情報などが伝わっていないのかもしれません。
「今度、イベントやります!」的な説明で完結していないでしょうか?

 

・告知媒体が間違っている。

そもそもの話ですが、例えば、お年寄り向けの体験会の告知を
SNSに投稿しても見ている可能性自体が低くなります。
この場合、SNSより、新聞折り込みチラシ、DMなどの紙媒体の方が
反応がいい場合があります。つまり、媒体を間違えると反応もありません。

 

まとめ

 

・マーケット  (Market)
・メディア    (Media)
・メッセージ  (Message)

 

 

広告チラシや告知などは、どの「マーケット」に対して、
どの「メディア」を使い、どの様な「メッセージ」を伝えるのか・・。

 

 

この3つが三身一体となった時、効果を発揮します。
(心技体と同じですね・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを、専門用語で「3M」と呼んでいますが、
もし、あなたがイベントの告知など情報発信をする時は、
この3Mを意識してみてはどうでしょうか。

 

 

 

今日も良い1日を!

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページの先頭へ