9割が勘違い?!《個の時代》と《個性性の時代》

目安時間:約 10分

 

数年前、政府が副業推進をしましたが、
今の実態はどうなってるんでしょう・・・?

 

 

インターネットの発達もあって、

自宅で人目を気にせず表現ができる環境のおかげで、
SNSなどを使い、昔より自己表現で収入を得る事も
オープンになったとは感じていますが・・・。

 

そんななか今は「副業」という表記から、
「復業」という表記を多く見かけるようになりました。

 

 

ただ、氣になるのが・・・出会った中で、

「複業」と考える人と、「副業」と考える人とでは、

 

 

少し、ビジネスに対する

意識の違いや振る舞い違ったので、ご紹介します。

 

 

 

 

個の時代=個人主義?

 

 

戦後、欧米文化の影響をうけてなのか、

「個の時代=個人主義」の時代と解釈をしている人が

意外と多い氣がします・・

 

 

実は「カウンターカルチャー」の世界に

ドップリだった私もその一人でした。

 

昔から日本人は「自分の主張をしない」とか、
「人へ言いたいことを言わない」など、

 

今思えば、本当はポジティブな、日本の精神性なのですが、
なんとなく、ネガティブに言わる事が多いですよね。

 

 

当時の私も、「日本文化クソ喰らえ・・」でした。笑。

 

 

自分の好きな仕事だけをする。
自分の思ったとおりの事をする。
自分との考え方が違う奴とは関わらない。
自分は自分、あなたはあなた。
自分でなんとかして。

 

一見、自己啓発系の「成功法則」にも出てきそうなフレーズですよね。

「自分をもっと大事にする」ストレス社会を生き抜くには、

 

確かにそのマインドは大切なのですが、一歩、間違えると、

自己中心的な振る舞いにもなりかねませんが、

 

 

視点を変えると、全く違う解釈になります。

 

 

 

「個」ではなく「個性性」

 

つまり「個の時代」ではなく、「個性性の時代」だと言う

視点で観ると「光と影」くらい意味が違ってしまいます。

(日本語ってややこしいですね・・w)

 

 

 

 

私は、〜という目標を達成する為に〜をしなければならないので
その為にはみんなとも協力しながら、助け合うし、

それで、お互いがお互いの目標に近づければ良いですよね!
その代わり、ひと段落するまで、それ以外の全く違う事に手を出したり、

お誘いをお断りすることもありますけど、ごめんなさい。

 

 

ちょっと極端に書きましたが、「軸」が明確ですよね。

どう言う事かというと、一言でいえば自身の行動や仕事に世間に対して
「責任」と「覚悟がある」対応ではないでしょうか。

 

 

 

面白い例があります。

私のビジネスで出会った人で、反応が明確に違った事例がありました。

上記の吹き出しのセリフは実際にあった内容なのですが、

 

 

 

 

なるほど!素晴らしい目標ですね!

私の方向性とは違うからそういう事なら仕方ないですね。

その目標を応援しますね!

実は私は〜さんという方を知っているから、もしかしたら

ジョイントしたら良いかもしれないなぁ。

 

 

 

お互いがお互いを尊重して、尚且つ、「応援」をしてくれました。

実は、このあと、知り合いの方をご紹介することで、

 

 

 

新たなアイディアが生まれ、それぞれの個性性を見直す事で

3者が目指す『目標の共通点』を再発見し、関係性は続いています。

 

 

 

一方で・・・

 

 

 

 

なんか、あの人、イケすかない態度ですね・・・(イラっ)

せっかく、誘ったのに・・

 

 

 

この方はこれからは「個性を活かす時代」だと主張し、

「個性的」な企業で活動をしてましたが、その後、関係性は途絶えました。

 

 

 

 

個性に対する視点の違い

 

 

何が違うのか・・・どっちも言う事はわかりますが、

 

 

・前者=その人の根幹にあるモノを観ている。

・後者=その人の表面的な印象で観ている。

 

 

「視点」が違うのです。

 

 

 

まとめ

 

 

リモートワーク、終身雇用の終焉、年金問題・・などなども絡み、

自由に働ける『個の時代』の到来・・と言われる事がありますが、

 

 

「裏テーマ」として自分自身と世間に対しての

「責任」と「覚悟」も生じます。

 

 

「自由」を得るには「代償」もそれなりなのです。

 

 

ビジネスではイヤな印象な奴ほど、軸があり、

あなたの助っ人になり得る、イイ奴かもしれません。

 

 

《個の時代》と《個性性の時代》

視点が違うだけで、似て非なるモノですよね・・・。

 

 

 

 

 

追伸;

 

Style is Anything・・とばかりに

「日本文化クソ喰らえ・・」のころ。

 

 

今も好きですが、ウツワは、

このpoolよりは大きくなった?!

 

 

 

************************************************

しらすてらす代表 小川 真実

 

1973年6月9日生まれ、BMX(バイシクルモトクロス)で
80年代、レースで関東6位入賞 フリースタイル全日本準決勝進出
2000年、ひたちなか市長杯レース3位入賞

 

約30年間、波乗りで4度「死に目」にあいながら海生活を中心にする。

サーフィンを続ける為に、海の近くの路線バス運転士を10年、
その後、何故か車内広告に興味を持ち退社。

勉強時間を得る為、水処理会社へ転職。

 

水処理施設で3年間、休日と夜勤の時間を使い、
マーケティングとライティングを独学しその後起業。

独立を機に呆れられて離婚。自宅を売却。

 

30年続けた趣味を辞め、借り入れなどすべて精算し、
ゼロベースから再出発を決意。
その後、師匠と出会い経営術、お金の使い方を学び、
それまで嫌いだった『経営者』に対する概念が変わる。

 

その後『帝王學』の概念や『日本の歴史』『戦争』に
関する重鎮などに出会い、日本人の精神性、文化、芸能を再認識。

 

同時に、和楽器業界の危機的状況を知り、
『一社日本和楽器普及協会』に加盟。

 

従来の欧米式のマーケティング手法に加え、
ビジネスの仕組みがほぼ、無い和楽器の業界へ
『和の精神』の要素も取り入れつつ、次世代へ繋ぐ為に、

 

日々、津軽三味線に・・いや、仕事に奮闘中。

PCと津軽三味線を持ち歩く『和のセールスコピーライター』

 

座右の銘は、二宮尊徳の
《道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である。》

 

 

 

《業務内容》
・LP 制作・集客導線のご提案・メルマガ代行
・各種業務提携(JV)・和楽器展示会開催
・演奏イベント企画開催・和楽器教室のご案内

 

《業務実績》
・アフィリエイト記事執筆 (実績月商約400万円~)
・自己啓発系ビジネス講座メルマガライティング
・ビジネス英語講座メルマガ執筆
・ビジネス講座用 ASP向け見本記事執筆
・情報商材LPライティングで期間中約100名集客
・通販事業用ツール販売企業LPライティング集客
・ヒーラー、演奏家等、個人事業主向け集客アドバイザー
・事業専属販促アドバイザー (和楽器販売業等)
・飲食、整体、美容、医療関係、などHPの記事製作、他。

 

 

《その他》
・ベル美容外科クリニック医療提携
・一般社団法人日本和楽器普及協会 広報

 

****************************************************************************

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ