もう、オリジナルを作っちゃえ!

目安時間:約 3分

 

これだけモノが溢れていると、
どこで何を買っても対して差がないのが今。

 

だから巷では「差別化だ、独自性だ」と
躍起になっても中々、見つけるのは難しいですよね・・。

 

なんで、難しいかというと、
「他にはないモノ」を探したり、作ろうとしたり、
自分自身で考え込んじゃったり・・・。

 

 

 

 

無形商材を扱うビジネスならカスタマーへ
「何で購入してくれたんですか?」
聞いてしまうのが早かったりします。

 

 

意外と自分では思ってもみなかった返事が
返ってくるかもしれませんが、それが
意外と「差別化」をPRする為のヒントだったりしました。

 

 

しかし、日用品などの消耗品はニーズもハッキリと
していたり買う方にとっては「何でも良いや」となりがちです。

 

 

そんな商品で差別化をするにはどうすれば良いか?

 

 

「オリジナルを作っちゃえ!」です。

 

 

といっても、出来るなら問題はないですが、
イチから開発するワケではなく見た目や、
商品のネーミングを作るって感じです。

 

例えば、Appleの「Thunderbolt」。

 

なんとも強力そうな純正コネクターですが、
カミナリを発生させることもなく、

 

化粧箱に入った『ただのコネクター』です。

 

 

 

「Retina display」はモニター画像度が有名で
Apple製品の代名詞ですが『ただ綺麗』なだけ。

 

機能的には新しくなく、結局モニターです。

 

他社が既に行なっている施策なのですが、
あたかも「新しい」機能や製品に見せて、
「差別化」を図っているだけなんです・・。

 

 

そこに「お!何だか凄そうだぞ?」
お客さんが興味を持ち購入へ繋がって行きます。

 

 

(イメージ)

 

 

いずれにしても、商品やサービスが、
他社に埋もれているな、と感じたら、

 

「オリジナルを作っちゃえ!」

 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

ページの先頭へ