《マーケティング》ステルス・マーケティング終焉

目安時間:約 6分

 

2023年、10月から「ステマ」が
違法行為となりました。
そもそも、ステマとは・・・



「どうせ、ステマでしょ?」


口コミ投稿で、
こんな、言葉を聞いた事はありませんか?

ステマとは「ステルス・マーケティング」の
略で「見えない販売手法」とでも言うのかな?

有名人が使っている高級時計、実は、
時計メーカーから、PR目的で進呈されて、

意図的にSNSに映る様に振る舞ったり、
ベタ褒めしたりしてファンにも興味を持たせ
販促に繋げたり、または、

インフルエンサーが化粧品や美容器具を
やたらと「おすすめです!」と宣伝したり、

本当に、その人が良いと思って使っているのか、
それとも「企業案件」なのか判断がしずらいまま、
SNSや動画などでPRする販売手法なんです。

 

 

 

なぜ、違法行為になったのか?


Amazonなんかで、評価が星5つと、
逆に星1つなんて、極端にレビュー評価に
落差がある様な商品は、星5つの人はステマで「サクラ」。
星1つ評価の人は実際に買った人のレビューだったりします。

 

 



要は「評価の高い口コミ」を気づかれない様に
意図的に仕掛けるのがステルス・マーケティング。
それが、今年の10月から違法行為となったんですね。


ぶっちゃけ、良くない物を、良い物だと言わせる様に
金品など「エサ」で釣って乱用したのが規制の原因。
つまり、一部の業者による「悪用」が原因です。
ステルスなのに、雑に扱うからバレバレ。

 

ステマはそもそも、悪でなのか?



実は、広告業界というか、販売の過程では、

 

・見ない(今じゃない)
・信じない(怪しい)
・アクションしない(買わない)


という『3つの壁』があるんです。
想像してください。

ポストのチラシって正にコレに当てはまりません?

 

 


何故なら大抵の場合、必要でない物を
「押し付けられ」拒否反応が働くからです。

この壁を乗り越えないと物やサービスって
生活必需品とかじゃない限り基本、売りにくい。

 

 

しかし、逆に・・・

「教えてくれてありがとう!助かった!」も実際ある。

 

 

だから、友人、知人、既に買って試した人の
「口コミ」(レビュー)が必要なんですが、
​それを悪用した人が多かったと言うことなんでしょう。

 

 

 

どんなことが禁止になったのか?


・商品やサービスの販売で消費者が誤認する様な
 紛らわしい広告

例えば、自分の実績や商品の性能なんかを、
「世界初!」「今までなかった!」「性能UP」など
エビデンスも無いのに誇大表示るすこと。


・消費者が倫理観を損なう様な過大な景品の提供

例えば、レビューを書いてくれるなら、
無料で差し上げます!とか星5つ評価で〇〇進呈!など。
「客のメリットより発信のメリット」を突いた提案すること。


これからは誠実に「これらは宣伝を含みます」
提示しないといけない訳です。

簡単に言えば「通販番組」的に「これは販売だ」と
分かるように商品やサービスを勧める必要があるってこと。


これからは「誰でもできる副業です!」とかいう
触れ込みでステマの仕事にハマらない様に気をつけてね!

元締めがすぐドロンできる様に敢えて、
ビジネスに詳しく無い層に副業として紹介している場合も
意外とあったりする。(元締めも規制を知らない可能性あり)
「口コミ」投稿だけなら誰でも出来る簡単な作業だからね。


いずれにしても、
「手っ取り早い」マーケティング手法は、
廃れるのも手っ取り早いってことっすね。


次の新手法は「誠実マーケティング」か?!


 

P.S.

運動の一環として30年?40年?振りに
最近、マイブームのBMX。

 

 

朝の4時半起きからの〜
片道20kmの道のりでスケートパークへ。

イイオッサンが、ニースライドかまして、
両膝から流血しながら午前中を満喫。アホだな。

(画像は自主規制w)

 


オリンピックの影響か、世界的なのか、
当時のライダー達もオッサンになって、
懐かしい車両がどんどん復刻されてる。

アメリカは昔からそう言うオッサン市場も
あるけど、日本も今からオッサン向け
「Xスポーツ」市場の開拓も悪くないかもしれない・・・。

 

 

体幹が衰えてる。膝が痛い・・仕事しよ・・。

今日も良い1日を!

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

ページの先頭へ